コラーゲンとは?

コラーゲン、コラーゲンと世間では騒がれていますが、実際にコラーゲンが何かを知っている人はそこまで多くないようです。

 

コラーゲンとはそもそも何なのでしょうか?コラーゲンとは、タンパク質の一種です。からだを構成する全タンパク質の約30%をコラーゲンが占めています。

 

そのうちの40%は皮膚に、20%は骨や軟骨、その他は血管や内臓などに存在します。つまり全身に存在しているのです。

 

コラーゲンの構造はどのようなものでしょうか?コラーゲンはアミノ酸 であるグリシン、プロリン、ヒドロシキプロリンなど結合された ポリペプチド鎖が3本あり、それがらせん構造になって存在しています。コラーゲンにもタイプがあり皮膚や腱などの主要コラーゲンはI型、軟骨の主要コラーゲンはII型と分けられています。このようにコラーゲンは体のタンパク質の中になくてはならないものです。

 

しかし、実際にはコラーゲンを摂取したからと言って体の中にあるコラーゲンが増えるかどうかはわかっていません。